安心な家づくりのための地盤jp

地盤jpでは、住まい手の健康と財産、そして地球環境を守る天然砕石の地盤改良 "HySPEED工法"を推奨しています。

品質を落とすキケン

地盤改良でも地盤事故!?

地盤補強・改良をしても、地盤事故が発生してしまうケースが数多くあります。
事前調査による想定設計により支持地盤まで到達せず施工がされていたり、セメント系固化材と腐植土との相性でセメントが固まらなかったり、地下水脈によるセメントの流出が起こっています。
実際、地盤事故はどのくらい発生しているのかというと、火災事故が1000件に4~5件程度発生するのに対し、地盤事故は1000件に10件以上も発生しています。事故が起こった場合の損害額は財団法人住宅補償機構の統計によると、平均して1事故あたり約566万円の補修費用が発生します。
住宅品質確保促進法が施行されてから、地盤事故に対する補償制度が確立され、その実態が明らかになっています。したがって、今後地盤事故の発生確率は、既存の工法の問題からますます増えることが予想されています。

図:Case1

Case1

支持地盤の起伏を考慮しないで、事前調査による想定設計に基づき施工がなされている。

図:Case2

Case2

セメント系固化材と腐食土との相性の問題による固化不良が生じることがある。

図:Case3

Case3

施工後に性能検査試験が実施されていない。
家を建てた後に建物に関しての性能検査はほとんどの会社様がされていると思われますが、その建物を支える地盤に関しての性能検査は一般の住宅地盤改良では行われていないのが現状です。一方、公共工事では地盤改良後、性能検査 が義務付けられております。品質不良問題が騒がれる中、住宅地盤改良後に、性能検査が行われていないことは、事故率の増加に拍車を掛ける可能性があると示唆されています。

苦情件数第1位は雨漏り、2位外壁、内壁の亀裂、3位建物の傾斜、4位ドアや窓が閉まりにくい、5位結露・カビとなっています。そのうち2位から4位までは不同沈下(地盤事故)によるものと考えられます。その件数は787件のうち435件。なんと全体の約55%にものぼります。

資料請求

このページのトップに戻る↑