安心な家づくりのための地盤jp

地盤jpでは、住まい手の健康と財産、そして地球環境を守る天然砕石の地盤改良 "HySPEED工法"を推奨しています。

なぜ地盤改良が必要なの?

夢のマイホーム。「どんなプランにしようか」、「外観のデザインはどうしよう」、「構造は?仕様は?」などなど考えることはたくさんあるかと思います。しかし、そのマイホームを建てる「地盤」の大切さについては意外と知られていません。いくら頑丈な建物を建てても、その建物を支える地盤が弱かったとすると非常にキケンが伴います。

地盤改良工事が必要な軟弱地盤の宅地

ひょっとすると、あなたが建てようとしているマイホームのための土地にも、思わぬキケンがひそんでいるかもしれません!
地盤に関する正しい知識を身につけて、安心できる家づくりにお役立て下さい。

楽しい家づくりの前に、地面の下の地盤は大丈夫ですか?
楽しい家づくりの前に、
地面の下の地盤は大丈夫ですか?

住宅地盤のトラブル例

不同沈下とは?

建物の外壁や基礎部分をひび割れをご覧になったことはありますか?または、床にビー玉を置くと、止まらずに転がる様子をご覧になったことはありますか?

これらはまさに不同沈下が原因となって起こる現象です。不同沈下とは建物がふぞろいに沈むことを言います。家全体が均等に沈下するのではなく、一方向に斜めに傾くような状態のことです。
不同沈下が起きると建物自体の資産価値を著しく低下させます。ドアや窓の開閉が不自由になったり、床が傾いたりします。
地盤強度にばらつきのある敷地や、軟弱地盤に何の対策も施さないで家を建ててしまうと不同沈下が起きてしまうリスクがあるわけです。

基礎などにヒビが入ると…床が傾きモノが転がる!
床の傾いた家は悲しすぎる…

液状化とは?

液状化は、地下水位の高い緩い砂地盤で発生します。緩い砂の間に水がある状態から、地震の揺れで、砂の粒子が下層で密になり、上層では液体状になり、家が傾き始めるのです。地表では噴砂などが起こることもあります。
東日本大震災以後、国も宅地液状化対策の取り組みをスタートさせました。住宅性能表示に液状化対応の有無が加わる方針が発表されるなど、家を建てるにあたって無視することの出来ない問題となっています。

液状化の図解

詳しくは >> 「液状化のメカニズムと被害」

最後に。こうした事故が起きないように、住宅会社は住宅を建てる前に必ず地盤調査を行います。
地盤に関しては、建てた後ではなかなか確認することができないので、事前にしっかりと相談をして、対策を考えてください。

資料請求

このページのトップに戻る↑